塗る回数が多ければ多い程、長持ちする。という事でしょうか?

適量が望ましいです。

塗り回数が少なければ、仕上がり感が悪く、透けてムラっぽく見えたり、
長持ちしないことにつながります。

一方、塗り回数が多ければ多いほど良いというものでもなく、
塗膜乾燥に不具合を生じさせたり、施工日数が増え生活の負担になったり、
コストが上がってしまいます。

このような理由から、
各メーカーが推奨する塗布量を、適正な塗り回数で施工する必要があります。

一般的な塗料の場合、㎡あたり約150gの塗料を、
下塗り、中塗り、上塗りと合計3回塗りすることが標準仕様となります。

関連記事

  1. 塗る塗料によって、家の温度調整も出来たりしないのでしょうか?

  2. メーカーによって、耐久性は違うのでしょうか?

  3. 業者の方から、何種類か紹介頂いたのですが、何を基準に選んだら良いのでしょうか?

  4. 風土によって、適した塗料は変わりますか?

  5. 牛嶋塗装工業(熊本)が業界新聞「塗料報知」の取材を受けました

  6. 壁と屋根の塗料って、別なのでしょうか?