風土によって、適した塗料は変わりますか?

日本という高温多湿の風土を考慮した場合、
厚みのある弾性塗料はあまりお薦めできません。
なぜならフクレが発生する可能性が極めて高いためです。

湿気を外に排出する透湿性という機能を持ち、
熱を溜め込まない薄膜塗料の方が耐候性も高く、
フクレの心配も最小限に抑えられます。

また、寒冷地域では水性塗料よりも、
弱溶剤(油性)、とくに2液型塗料を使用することで
しっかりと乾燥させ、強固な塗膜を造ることができます。

関連記事

  1. 塗る塗料によって、家の温度調整も出来たりしないのでしょうか?

  2. 塗る回数が多ければ多い程、長持ちする。という事でしょうか?

  3. 壁と屋根の塗料って、別なのでしょうか?

  4. 牛嶋塗装工業(熊本)が業界新聞「塗料報知」の取材を受けました

  5. ニオイは結構キツイですか?

  6. メーカーによって、耐久性は違うのでしょうか?